青葉区の物件を高値で不動産売却したい

青葉区の物件は高値をつけなくても高値になるほど人気です。

しかし不動産売却で値段をつけるのは売主自身。

相場より高くても構いません。

ポイントなどお話ししておきましょう。

◎不動産売却の値段を決めるのは売主自身。

原則として不動産売却のための販売価格を決めるのは、売主であるあなたです。

そんなことをしなくても、青葉区の物件なら高く売れると言いたいところですが、不動産売却は、売主本人が納得することが第一。

青葉区の相場を調べ、思うところまで値付けを行なってみてください。

青葉区という立地だけではなく、建物に自慢の特徴があれば、高額売却のポイントにできます。

■記事ピックアップ:http://news.livedoor.com/article/detail/12591739/

◎高くつけた理由は、担当者にしっかり説明。

不動産売却のための値付けは売主の自由ですが、その価格の理由については、不動産仲介会社の担当者に細かく説明しておきましょう。

内覧にきた購入希望者に説明をしていくのは担当者も同じです。

細かく知っているとセールストークに生かしてくれます。

青葉区だから、見れば物件の良さはわかるはずだからというような意識で臨むと失敗します。

◎売値を高くした分、内覧者にもそれに見合った魅力箇所の説明をし、共感を得るようなムードづくりしましょう。

内覧にはご夫婦、家族連れで来るケースが多いです。

とくに奥様の共感を得るのが大事。

家事・買物・調理のしやすさ、そのための改修ポイントなどを説明し、ときには暮らしの中での工夫話で盛り上がりましょう。

そういう雰囲気づくりは物件の好感度につながり、購入動機を強めます。