ブラジリアンワックスの検索物語

材料は砂糖と水とレモン汁だけ、セルフで脱毛するのならブラジリアンワックスも手作りしてみましょう。

セルフのブラジリアンワックス脱毛ってどんな風にするの?

2016年1月2日 // by admin

夏に海やプールでビキニを着るには、ムダ毛処理しておきたいと考える人は多いと思います。

アンダーヘアの脱毛はブラジリアンワックス脱毛がおすすめです。

《こちらもCheck!》⇒チクチクさせない!ツルスベ美肌の作り方5つ – モデルプレス

ブラジリアンワックスは脱毛サロンでやってもらえますが、自分でセルフ脱毛もできます。

セルフでブラジリアンワックスを行う場合、脱毛箇所により注意やコツが必要ですから、脱毛条件は事前に確認しておきましょう。

まず、ブラジリアンワックス脱毛に必要なのは、自分で作ったワックス剤、ヘラ(ワックスを塗る為のもの、アイスの棒の様な形)、ベビーパウダー(ワックスを塗る前に肌に塗布する)、シート(ブラジリアンワックスを剝がすため)、ウェットティッシュ(濡れたタオルでもOK)、タオル、ティッシュペーパーなどです。

一度脱毛を始めてしまうと簡単に中断して移動ができない体勢になります。事前に手の届くところに用意しておきましょう。

ブラジリアンワックス脱毛を、効率よく行うには注意点がいくつかあります。

四週間程度前からカミソリや毛抜きなどを使用しない様にしましょう。

また、脱毛するためには最低でも5mm程度の毛の長さが必要なので、短くしすぎない様にしましょう。

当日、肌の調子や体調が優れない時には脱毛をするのを延期しましょう。

セルフで作ったブラジリアンワックスは硬くなりやすいので、脱毛部位に塗る時には温めて柔らかくする必要があります。

使いやすく安全なのは40度前後のワックスです。

専用のウォーマーは通販でも購入できますから、用意しておくと便利です。

ワックスは砂糖、はちみつ、レモン汁を使って作る、手作りシュガーワックスがおすすめです。

天然成分だから自宅でも安心ですし、美容にもいい効果が期待できます。

Comments are closed.