ブラジリアンワックスの検索物語

材料は砂糖と水とレモン汁だけ、セルフで脱毛するのならブラジリアンワックスも手作りしてみましょう。

セルフで作ったブラジリアンワックスの上手な塗り方

2016年1月21日 // by admin

セルフでブラジリアンワックスを作っても正しく使わなければ、うまく行きません。

セルフで全ての行程をスムーズに失敗しないようにするためには、ワックス剤の塗り方をしっかり覚えておく事が大切です。

可能であれば、エステサロンで施術をしてもらい、その時に塗り方をチェックしておくとわかりやすいです。

まず、脱毛したい箇所にヘラの長さ分ブラジリアンワックスを乗せます。

ヘラを肌に対して垂直に持ち、肌に乗せたブラジリアンワックスを毛の流れに向かって広げて行きます。

ワックスに十分毛が絡んでいないと抜けにくいので、ワックスの中に毛全体をしっかり埋め込む様な感じです。

見えにくい部分は鏡を見ながらやるとうまく行きます。

ブラジリアンワックスを塗布する範囲ですが、一度に広範囲に塗って脱毛しようというのは失敗の元であり、さらに毛穴や肌のトラブルに繋がりかねません。

ブラジリアンワックスの塗布範囲は大体縦横3cm×1cm程度の範囲がおすすめです。

一気に脱毛して面倒を省きたいところですが、少しずつ塗布して脱毛して行く様にしましょう。

初めてブラジリアンワックス脱毛をする人は更に小さな範囲で慣れて行きコツをつかむのがポイントです。

どうしてもうまく脱毛できないという人は以下のことをチェックしてみましょう。

ブラジリアンワックスを塗布する前に肌が濡れていないか?ボディクリームなどを塗っていないか?汗をかいていないか?ということです。

肌に何かがついていたり、湿っていたりすると、十分に脱毛することができません。

ワックスを塗布する前にパウダーを付けておくと脱毛しやすくなります。

それでももし失敗が続く様でしたら、安全の為にサロンに通ってプロに任せる事も考慮した方がいいかもしれません。

Comments are closed.