住宅ローンが残っていても不動産売却は可能?

青葉区にも住宅ローンが残った状態で不動産売却を行った事例はごく普通にあります。

不動産売却と住宅ローンの残債処理について概略をお話ししておきましょう。

◎いまが売り時にある仙台市青葉区の地価トレンド。

多くの人は銀行から融資を受け住宅ローンを組んでいますが、不動産売却の時点でその残債がゼロになっている人はいません。

つまりローンの残債があっても、不動産売却は可能ということです。

青葉区は地価や不動産物件がかつてないほど値上りしていますので、売却したり買い替えたりして、より快適な暮らしを手に入れている人が多くいます。

◎ローンの残債は移転登記までに完了すれば良い。

青葉区のように不動産価格が上昇しているときは、不動産売却の時期でもあります。

決断したら早く売って、できるだけ速やかに次の物件を買いましょう。

そうしないと購入物件のほうが値上りしてしまうからです。

住宅ローンの残債は、売買契約が成立してから買主が所有権の移転登記をするまでの間に、残債を払ってしまえば引き渡しが成立します。

◎住宅ローン残債の決済が売買代金だけでは済まない場合、新たな自己資金の借入れが必要になります。

住宅ローンの残債は上記のようなプロセスを踏めばクリアできますが、不動産売却した青葉区の物件価格がローンの残債より低かった場合、新たな資金を充当して残債を処理する必要があります。

注意しておきましょう。